フリーワード事務所検索

就業管理について該当コラム数57

1 | 2 | 3 | 4
2012-05-07 10:23:40

ホワイトカラー・エグゼンプションという言葉もとんと聞かなくなり、逆に名ばかり管理職という言葉も生まれて、今の労働行政は完全に「労働時間に応じて賃金を支払うべし」という流れにあります。 そんな中、...続きを見る

2012-04-14 09:38:11

「日本的人事」と言われるものは色々とありますが、『単身赴任』というのも間違いなくその一つだと思います。 「人生丸抱え」的雇用慣行の典型ともいえる、この単身赴任、一時期よりはかなり減ってきていると...続きを見る

2012-03-21 21:11:31

【育児のための短時間勤務制度】  育児介護休業法23条第1項では、事業主は、3歳未満の子を育てる労働者であって現に育児休業をしていない労働者について、所定労働時間の短縮措置を講じなければならない...続きを見る

2012-03-14 23:15:10

みなし労働時間制の適用をお考えの企業様も多いと思われます。 労働時間の算定が困難な場合に 一定時間働いたとみなす 「みなし労働時間制」は直行、直帰、出張の多い営業職などで 適用されていたことも...続きを見る

2012-03-06 00:17:55

厚生労働省から、学生や若い社会人向けに、働く際に知っておくべき「労働法」の基礎知識をまとめたハンドブックがリリースされています。 章立ては以下の通りです。 ●第1章 労働法について (労...続きを見る

2012-02-13 10:51:17

◆◆◆厚生労働省は先月1月30日         職場におけるパワーハラスメントの定義を初めて公表◆◆◆ いままで、パワハラの定義はありませんでした。 しかしながら、ここにきて、 厚生...続きを見る

2011-12-20 21:22:01

ずいぶん前から在宅勤務制度の必要性が叫ばれています。恐らく、ほとんどの会社が一度は検討してみたことがあるテーマではないでしょうか?   目的としては、ワークライフバランスの充実による社員満足の向上...続きを見る

2011-11-30 00:34:24

以前、「人事・労務管理研修」にて、残業削減に成功した某社の事例(残業ゼロという方針を絶対的なものとして決めて、あの手この手でそれを徹底)を紹介したところ、「強制的に帰らせるというやり方は仕事の持ち帰り...続きを見る

2011-11-01 22:26:09

人事部に求められる仕事のレベルが上がって、部員の育成に頭を悩ませている会社が多いと思います。 もちろん人事担当者自身も、毎日のように発生する《試練》に耐えながら、専門性アップやプロフェッショナルとし...続きを見る

2011-10-24 20:22:58

多くの会社にとって、残業削減はメンタルヘルスの問題と並んで労務管理の大きな課題となっています。しかし、数年前から取り組んではいるものの、なかなか効果があがらないというケースが多いのではないでしょうか。...続きを見る

2011-10-20 00:47:46

お客様と「これからの人事施策の方向性」を話していると、いろいろな課題認識が出てきますが、これらは大きく2種類に分類できます。 1つは『衛生要因』に関するもの。衛生要因とは、これが不足するとすぐに...続きを見る

2011-09-30 15:57:42

Now we start-up business related to preparation of Rules of Employment in English. Labor Law Artic...続きを見る

1 | 2 | 3 | 4