フリーワード事務所検索
はなさんの質問

ダブルワークについて
今、会社Aで平日9時〜17時(休憩1時間)のパートに週3〜4程度で働いています。
こちらでは雇用保険と労災に入っています。
この度会社Bで土日祝9時30分〜20時30(休憩1時間)のフルタイムに週1〜2で働くことになりました。
祝日があると会社Aの勤務数が1日減るのでその分を会社Bで入ろうと思います。
そうすると勤務時間が会社Aを会社Bが超えてしまいます。
雇用保険に入っている会社Aの勤務数を超えてはいけないのでしょうか?
ましてや雇用保険に入っていない会社Bでは20時間以上はいってはいけないのでしょうか?

保険も今、姉の扶養に入っており、Wワークをするとなると130万円を超えてしまいます。会社AはWワークOKの会社なので問題ないのですが、社会保険加入はいやらしく、社会保険に入らないといけなくなる条件に満たないようにということでした。
だったら扶養を外れて自分で国民健康保険や国民年金にしたら問題ということなのでしょうか?

働ける歳になり自分で払わないといけないものが増えてきて、大人に聞いても保険のことはわからないと言われ、ネットの情報もよくわからずで困っています。
投稿日時:2015-01-12 13:14:07 | 最終回答日時:2015-01-15 13:41:10 | 回答数: 5
上田社会保険労務士事務所写真
上田社会保険労務士事務所の回答
ダブルワークについて
ニックネームはな様
以下の通り回答します。
 まず、雇用保険加入条件ですが、
  ①1週間の所定労働時間が20時間以上であること
  ②31日以上の雇用見込みがあること
 以上の要件があれば、雇用保険の加入条件を満たすことになりますが、wワークの場合両方の会社でこの条件を満たす場合があります。その場合どちらで加入すべきかが問題になりますが、基本的には、生計を立てる上でメインになる会社で加入することになります。

 今、”はな”様の質問内容を見た場合、会社A がメインのように推察されます。会社Bの場合、週1で祝日がない場合、週20時間に満たない場合も考えられます。また、質問内容の会社Bが会社Aの勤務日数を超えてはいけないのかどうか、会社Bでは20時間以上はいってはいけないのでしょうか?という質問については、

 結論的に言えばそのようなことは有りません。あくまでも、個々の会社で加入条件が満たされているのかどうか、どちらが生計を立てる上でメインの会社なのかで判断すべき問題だと考えます。

 次に、社会保険加入の要件ですが
  ①1日の所定労働時間が正規社員のおおむね3/4以上
  ②1か月の労働日数が正規社員のおおむね3/4以上

 以上の要件が満たされれば、社会保険の加入条件を満たすこととなりますが、この条件を考えた場合、会社Bは該当しないように見受けられます。結局、会社Aが、この条件に該当するかどうかが、問題になると思いますが、

 ご質問の内容では会社Aでは、wワークは認めるが、社会保険に加入することは認めないという事であるとすれば、wワークで年収130万超えが確実なら、姉の扶養を外れて、自分で国民健康保険や国民年金をかけるという事も考えるべきだろうと考えます。

 余談ではありますが、私見を述べさせてもらうなら、確かに、生活を維持するうえで、wワークも大切であろうとは思いますが、若い時期に自分のしたいことは何かを充分に考えた上で、働き方を考え直してみるのも重要なことだろうと思います。


1人がこの回答を「役に立った」と評価しています。

回答日時:2015-01-15 13:41:10
上田社会保険労務士事務所へのお問合せ
事務所名上田社会保険労務士事務所(ウエダシャカイホケンロウムシジムショ)
代表者名上田 建(ウエダ タツル)
住所
〒939-0627
富山県入善町椚山1511-16
アクセスショッピングセンターコスモ21より徒歩5分
連絡先0765-32-5319(お電話の際、「社労士インフォセンターを見た」とお伝えください!)
詳細ページ詳細ページへ

横手事務所写真
横手事務所の回答
一般論として頭を整理してみます
1.労災保険
 一般的な会社であれば、ことごとく適用されます。全ての従業員について適用されなければならないわけですから、B社においても適用対象になるものと考えます。


2.雇用保険
 現行では、1週間当たり20時間以上働き、かつ1箇月以上雇用が見込まれる者については、雇用保険に加入することになっていいます。ただし、他の回答者も指摘されている通り複数の適用事業所に雇用される場合には、「主たる賃金を受ける」事業所でだけ雇用保険に加入することになります。どちらの会社で、雇用保険の対象になるかは、「主たる賃金」基準でとりあえずは判断されるものと考えます。


3.社会保険
 健康保険及び年金保険の社会保険については、通達で次の条件を同時に満たす者はパートタイマー等であっても原則として、被保険者となるということになっています。
(1)1日の所定労働時間が、正規労働者に比べて概ね四分の三以上、かつ、
(2)1箇月の所定労働時間が、正規労働者に比べて概ね四分の三以上

 したがって、この四分の三基準のどちらかで基準を下回っていれば、社会保険の適用対象からは外れると考えます。ただし、扶養親族になるか否かは、また別の問題で、年間収入が130万円未満であるかが一つの基準になっていますので、会社で社会保険に入らないならば、健康保険は国民健康保険、年金は国民年金にそれぞれ加入しなければなりません。いままで、お姉さまの扶養になっていたとのことですので、20歳以上ならば、年金はこれまでもご自身で国民年金に加入しておられたことと推察します。我が国の社会保険は、世界に冠たる国民皆保険制度です。すべての国民は、何らかの社会保険に加入して支え合うということが原則です。
 
1人がこの回答を「役に立った」と評価しています。

回答日時:2015-01-14 10:32:42
横手事務所へのお問合せ
事務所名横手事務所(ヨコテジムショ)
代表者名横手 文彦(ヨコテ フミヒコ)
住所
〒111-0035
東京都台東区西浅草3丁目28-14
アクセス筑波EX 浅草駅より徒歩10分
連絡先080-4165-1305(お電話の際、「社労士インフォセンターを見た」とお伝えください!)
詳細ページ詳細ページへ

NoPict
佐藤労務指導事務所の回答
ダブルワークについて
お答えします。
ダブルワークの場合の雇用保険加入については、主たる事業所でのみ加入することになっています。
主たる事務所とは原則としてそれぞれの労働契約書(雇用契約書)に基づいてた週の労働時間数、賃金(月額見込額)等で判断すれば良いと考えます。
ただし、労働時間については、労働契約書と実態(残業等が多いなど)に大きな差があるような場合には実態(実際の勤務状態)に基づいて判断することになると考えます。
あなたの場合、その月に祝日があると逆転するとのことですが、雇用保険の場合、失業給付等を受ける場合には、賃金締切期間(1か月)に賃金支払い日数が11日以上ある月を1か月と判断し、その月が直近2年間に12か月以上あることが要件となること等を考慮すると、B社で雇用保険に加入してしまうと、祭日のない月は賃金算定基礎日数が11日未満になってしまう可能性が大きいと考えます。この場合、その月は12か月のカウントからは除かれてしまう為に雇用保険料が無駄になってしまいます。
よって、月の勤務日数が確実に確保できるA社でそのまま加入してb社では加入できない状態で良いのではないかと考えます。
因みにB社祭日の多い月に、結果としてA社の労働時間数を超えても、また20時間を超えても良いと考えます。

但し、1つ気を付けなければならないことは、労働基準法で1日8時間、1週間の労働時間が40時間を超えて労働した場合には割増賃金の支払いが事業者に課せられます。これは1社単位で判断されるのではなく、ダブルワークの場合には2社合計で判断されます。
1日8時間は超えなくとも、A社とB社の週の合計労働時間が40時間を超えた時点で、超えた分の時間の割増賃金の支払いがB社に発生し、万一労働基準監督署の検査でB社が割増賃金をあなたに支払っていなかったことが発覚した場合には、大変なことになります。

あなたとしては、B社で働く前にA社での勤務時間等を伝えた上で、且つA社とB社で週40時間を超えたら割増賃金が発生することの了解を得ておかないとまずいと考えます。
(通常は、B社の立場では、自社で働く時間が週40時間未満であるのに割増賃金を支払うことにかなりの抵抗があり、労働契約を断ることも多いようです)

社会保険については、AB両者での収入が1月からの累計で130万円を超えたら、お姉さんの扶養からは外れなければなりませんので、ご自身で国民健康保険に加入しなければなりません。
1人がこの回答を「役に立った」と評価しています。

回答日時:2015-01-14 08:49:40
佐藤労務指導事務所へのお問合せ
事務所名佐藤労務指導事務所(サトウロウムシドウジムショ)
代表者名佐藤 洋(サトウ ヒロシ)
住所
〒153-0044
東京都目黒区大橋2-12-14
アクセス渋谷駅より徒歩15分
連絡先03-3466-1190(お電話の際、「社労士インフォセンターを見た」とお伝えください!)
詳細ページ詳細ページへ

東京企業労務センター写真
東京企業労務センターの回答
損得勘定を忘れずに
まず一通りご回答していきますね。

雇用保険に入っている会社Aの勤務数を超えてはいけないのでしょうか?
ましてや雇用保険に入っていない会社Bでは20時間以上はいってはいけないのでしょうか?

→A社以上の時間B社で働くこと、B社で20時間以上働くこと自体は問題ありません。
(①労働時間数の上限規制はありません。また、②給与額ベースでAが主たる勤務先ということで変わらないのでしょうから雇用保険をどちらで加入するかも実質問題にならないと思いますし、③2以上の会社で働いた時の残業代もおっきな会社でなければ実務上そこまで考えないでしょう・・・)


社会保険に入らないといけなくなる条件に満たないようにということでした。
だったら扶養を外れて自分で国民健康保険や国民年金にしたら問題ということなのでしょうか?
→対会社については問題ないでしょう。
「社会保険に入らないといけなくなる条件に満たないように」というのは一般的なところ週30時間以上(社保加入ライン)働かないで、ということです。会社は社会保険料を半分負担するのが嫌なのでしょう。
ですから、自分で国民年金・国保に入る分には会社は文句は言わないと思います。

【損得勘定を忘れずに】
対会社との関係では「自分で国民年金・国保に入ります」で大丈夫ですが、保険料がいくらになるかはよくよく計算してみた方がいいと思います。130万円を何十万か超えるくらいの収入アップならばセーブして働いて扶養に入っていた時の方がよかったと思えるくらい国保料は高いことが多いです。

どの程度まで収入がアップするかは分かりませんが、今年1月から12月までの給与の予想額(AB合算)を見積もってから市役所に電話をして聞いてみたら大まかなところを教えてくれるかもしれません。
1人がこの回答を「役に立った」と評価しています。

回答日時:2015-01-14 00:27:54
東京企業労務センターへのお問合せ
事務所名東京企業労務センター(トウキョウキギョウロウムセンター)
代表者名高橋 謙一(タカハシ ケンイチ)
住所
〒171-0022
東京都豊島区南池袋一丁目12-7MIビル8階
アクセスJR池袋駅より徒歩7分
連絡先03-5860-6532(お電話の際、「社労士インフォセンターを見た」とお伝えください!)
詳細ページ詳細ページへ

NoPict
社会保険労務士・行政書士福間事務所の回答
ダブルワークについて(回答)
雇用保険に入っている会社Aの勤務数を超えてはいけないのでしょうか?
→超えても問題なし
ましてや雇用保険に入っていない会社Bでは20時間以上はいってはいけないのでしょうか?
→勤務しても問題なし

保険も今、姉の扶養に入っており、Wワークをするとなると130万円を超えてしまいます。会社AはWワークOKの会社なので問題ないのですが、社会保険加入はいやらしく、社会保険に入らないといけなくなる条件に満たないようにということでした。
だったら扶養を外れて自分で国民健康保険や国民年金にしたら問題ということなのでしょうか?
→wワークで130万円超えても、会社Aで社保に加入することにはならない。ただし、130万を超える場合は、扶養要件に該当しなくなるため、国保、国民年金に加入しなければならない。
0人がこの回答を「役に立った」と評価しています。

回答日時:2015-01-13 22:02:24
社会保険労務士・行政書士福間事務所へのお問合せ
事務所名社会保険労務士・行政書士福間事務所(シャカイホケンロウムシギョウセイショシフクマジムショ)
代表者名福間 崇史(フクマ  タカフミ)
住所
〒803-0817
福岡県北九州市小倉北区田町12-15大明ビル1F
アクセス田町バス亭徒歩1分
連絡先093-647-3066(お電話の際、「社労士インフォセンターを見た」とお伝えください!)
詳細ページ詳細ページへ