フリーワード事務所検索
taihenさんの質問

Wワークでの健康保険、厚生年金について。
週に20時間以内での仕事であれば
健康保険、厚生年金は就業先の給与から天引きされる事が無いのは
色々調べた結果わかった事なのですが
Wワークで、就業先の2社共に週20時間以内で労働した場合は
健康保険、厚生年金は就業先の給与から天引きになるのでしょうか?
逆にWワークで健康保険、厚生年金を就業先の給与から天引きに
ならない勤務時間は2社トータルで週何時間なのでしょうか?
ご回答、よろしくお願いします。
投稿日時:2014-02-07 12:35:44 | 最終回答日時:2014-02-09 14:56:23 | 回答数: 3
横手事務所写真
横手事務所の回答
週20時間未満は雇用保険です
taihen 様

まず、就業先2社が健康保険及び厚生年金の適用事業所かどうか確かめてください。会社で法人組織になっているならば、一般的には適用事業所と考えられますので、そのように想定してご回答申し上げます。

労働保険と社会保険のお話は、結構難解ですので、誤解されておられるようです。週20時間未満の労働時間で非加入となるのは、雇用保険についてです。健康保険及び厚生年金の狭義の社会保険については、およその目安として次のような基準が公表されています。
(1)1日の所定労働時間が、正規労働者に比べて概ね四分の三未満、又は、
(2)1箇月の所定労働時間が、正規労働者に比べて概ね四分の三未満
週20時間というのは、通常正規労働者の4分の3未満でしょうから、パートタイマー扱いで事業所の社会保険の適用除外に当たることになるのでしょう。

ただし、ここで事業所の社会保険の適用除外になっても、配偶者などの被扶養者になっており、配偶者などの健康保険が使え、年金は第3号になっている場合を除き、ご自身で国民健康保険及び国民年金への加入手続きが必要になってきます。

2以上の事業所で働くことになった場合、その合計労働時間と前述の4分の3基準について、直接明示したものはないようです。ただし、報酬については明確に次のような趣旨の規定がありますので、参考にしてください。

「同時に2以上の事業所から報酬を受ける被保険者は、各事業所のそれぞれの報酬月額の合計額をその者の報酬月額とし、この報酬月額に基づいて標準報酬月額を決定する」というものです。そのため、2以上の事業所に勤めることになった場合、10日以内に「被保険者所属選択・二以上事業所勤務届」を提出し、いずれか1つの事業所で社会保険に加入することになります。
26人がこの回答を「役に立った」と評価しています。

回答日時:2014-02-09 14:56:23
横手事務所へのお問合せ
事務所名横手事務所(ヨコテジムショ)
代表者名横手 文彦(ヨコテ フミヒコ)
住所
〒111-0035
東京都台東区西浅草3丁目28-14
アクセス筑波EX 浅草駅より徒歩10分
連絡先080-4165-1305(お電話の際、「社労士インフォセンターを見た」とお伝えください!)
詳細ページ詳細ページへ

NoPict
黒田亮一 社会保険労務士・行政書士事務所の回答
社会保険に関する件についてのご回答
健康保険及び厚生年金保険については、先のご回答のとおり、通算されず、事業所単位で加入用件を見ますので、いずれも週20時間以内の短時間労働であれば被保険者として加入の必要はありません。
ただし、健康保険・厚生年金保険に加入しない(否適用)となれば、国民健康保険及び国民年金に加入しなければなりません。
国民健康保険の手続きは市区町村、国民年金の手続きは市区町村または年金事務所が窓口となっておりますので、念のため申し添えておきます。
13人がこの回答を「役に立った」と評価しています。

回答日時:2014-02-07 19:40:12
黒田亮一 社会保険労務士・行政書士事務所へのお問合せ
事務所名黒田亮一 社会保険労務士・行政書士事務所(クロダリョウイチ シャカイホケンロウムシ・ギョウセイショシジムショ)
代表者名黒田 亮一(クロダ リョウイチ)
住所
〒870-0037
大分県大分市東春日町9-8シティハイツ春日205
アクセス大分駅から徒歩15分
連絡先090-5289-2716(お電話の際、「社労士インフォセンターを見た」とお伝えください!)
詳細ページ詳細ページへ

三木経営労務管理事務所写真
三木経営労務管理事務所の回答
Wワークであっても労働時間の通算はしません
健康保険・厚生年金保険法では、短時間勤務者の加入要件について一般労働者の4分の3以上の労働時間・労働日数としか規定していません。

したがってWワークでの労働時間通算はされないことになります。2016年10月から週20時間以上での保険加入が大企業(社員501人以上)で行われる予定ですが、現状では単独事業所での4分の3規定しかありませんから、たとえ2社トータルで40時間だとしても社会保険の加入とはならないのです。どちらか一方で通常30時間以上が必要です。

この通算しない規定は雇用保険でも同じですが、少し違っていて20時間以上のどちらか一方の主たる給与を受ける事業所での加入となります。ちなみに、法定労働時間については通算されますので、勤務先のうち2番目の事業所で8時間を超える場合には時間外労働となります。
29人がこの回答を「役に立った」と評価しています。

回答日時:2014-02-07 16:09:40
三木経営労務管理事務所へのお問合せ
事務所名三木経営労務管理事務所(ミキケイエイロウムカンリジムショ)
代表者名三木 文明(ミキ フミアキ)
住所
〒370-0875
群馬県高崎市藤塚町114-1メゾン大椿101号
アクセス信越線群馬八幡駅より徒歩9分程
連絡先027-323-4003(お電話の際、「社労士インフォセンターを見た」とお伝えください!)
詳細ページ詳細ページへ